1. HOME
  2. Cross talk クロストーク

Cross talkクロストーク

Cross talk

先輩スタッフ・クロストーク

キャリアアドバイザー(CA)って
どんな仕事?

ツクイスタッフ支店、クロストークの写真

先輩スタッフの本音トークから見えてくる、
この仕事の楽しさ、厳しさ、おもしろさ!

Member.
竹田(CA)

「関わる全ての方々に、
+αのサービスを」
の想いを掲げ、
持ち前の明るさと責任感で、

みんなを引っぱる
支店の管理者。

ツクイスタッフ支店、キャリアアドバイザー竹田さんの写真
後藤(CA)

「当たり前のことを当たり前にやる」

がモットー。

CA歴12年以上で、就労実績は数知れず。

「仕事とプライベート、
オンオフの切替が
仕事を
長く続けるpoint!」

ツクイスタッフ支店、キャリアアドバイザー後藤さんの写真
杉浦(CA)

誰もが認める癒し系(笑)

柔らかい人柄ですが、

「一人でも多くの
求職者の力になりたい!」

熱い思いで仕事に取り組む努力家。

ツクイスタッフ支店、キャリアアドバイザーの杉浦さんの写真
宮木(CA)

入社3年目。

若さとガッツ、
フットワークの軽さがウリ。

「やるからには結果を出す!」

向上心高く、日々奮闘中!

ツクイスタッフ支店、キャリアアドバイザー宮木さんの写真
小片(CA)

前職は介護職員。

介護業界で就職を悩む方の

力になりたいと思い、CAへ転身。

現場経験を活かして、

気持ちに寄り添ったサポートを。

ツクイスタッフ支店、キャリアアドバイザー小片さんの写真
小林(CS)

支店の事務業務全般を担当。

正確且つスピーディな仕事で

CAをサポート!

支店を支える縁の下の力持ち。

ツクイスタッフ支店、キャリアアドバイザー小林さんの写真

※役職や所属はインタビュー当時のものです。

Talk start!

Q.職場の雰囲気は?
ツクイスタッフ支店、キャリアアドバイザーの写真

いい方ばかりでよかった〜って(笑)

小片
私はまだ入社して1週間なのですが、
「支店に配属されてよかった〜」って毎日思っています。
ほんとに、いい方ばかりなんです!
後藤
まだ見えてないな、全然。(一同笑)
小林
後藤さんはいつもこんな感じでクールですけど、
電話メモ※の返信で、何回かに1回、「ありがとう」って添えてくれるんです。
さりげない優しさを感じます。
後藤
感謝はしたほうがいいからね。面倒くさいから毎回はムリだけど・・・
一同
なにそれ!(笑)

※CAが外出中に電話がかかってきたら、メッセージを送ってその旨を伝えるシステム

Q.ツクイスタッフに入社される前は何を?
ツクイスタッフ支店、CAクロストークでの1コマ

経歴はバラバラでも、人の役に立ちたい気持ちは同じ。

宮木
以前は美容の営業をしていました。
人材業界に興味があり、それでツクイスタッフに。
後藤
僕はアパレル業界から。
人が足りないときに派遣会社に助けられた経験があって、
自分もこんなふうに困っている人の役に立てたら、
と思ったのがきっかけです。
杉浦
僕は就職フェアで話を聞いて。
人と人とをつなぐ仕事は、やりがいがありそうだなと。
以前は飲食業だったので、最初はスーツを着て仕事をするっていうだけで
緊張しましたね。
小片
私は元介護職。
その経験を活かしてお役に立てたらと、ツクイスタッフに入社しました。
まだ入社して1週間なので、ビジネスマナーも含めて
イチから教えていただいている最中です。
竹田
私も営業未経験からのスタートでしたが、
周囲からしっかりフォローしてもらえたので安心でした。
いろいろな方との出会いがあって、
たくさんのことを学ばせていただいています。
Q.この仕事の難しいところは?
ツクイスタッフ支店、クロストークの写真

ハートがなければ伝わらない。

宮木

僕は一時期、求職者の方との面談をキャンセルされることが続いたことがありました。

原因は、僕の電話対応の未熟さ。
以前は電話がかかってきたら、
面談日を決めることがゴールのように思っていたんですね。
お会いすることが目的になっていました。

でもそれだと、「この人に会ってもメリットないな」と思われていたと思います。

竹田

最初の対応はすごく大事だよね。

この人にお願いしたい、と思ってもらうにはどうしたらいいか。
まずは、本当に心から、その人のお役に立ちたいと思う気持ちが大切なんじゃないかな。

宮木
僕は就職フェそれを竹田さんにアドバイスしてもらって、
自分なりにじゅうぶん気をつけるようにしたら、
それ以降キャンセルがぐっと減って。
竹田
表面だけじゃなく、ハートの部分を大事にして欲しい。
それは常日頃みんなに言っていることですね。
Q.どんなところにやりがいを感じますか?
ツクイスタッフ支店、電話で就職希望者を励ますキャリアアドバイザーの写真

「ありがとう」の一言で、すべての苦労が吹っとんでいく。

宮木

この仕事のいいところは、「ありがとう」と言ってもらえるところ。
お仕事がなかなか決まらない方がいて、こちらも全力でサポートして、
やっと決まったことがありました。

その1ヵ月後にメールが来て、「宮木さんで本当に良かった。
今とてもいい環境で働けています」と。
そのメールは今でも大切に保存しています。

杉浦

僕が印象に残っているのは、若いお母さんで、
お子さんの病気で急に休むことが続いた方。
職場に行きづらくなってしまったため、
行けるようになるまで僕も一緒に同行したことがありました。
職場の理解もあってなんとか復帰することができ、
今は職場での評価も高いようです。

そういう成果につながると、がんばってサポートしてよかったなと思います。

小林

私の場合は事務なので、書類を通じてその方を見ているような感じ。
派遣から正社員へ切り替わる際の書類や、
新規契約の依頼書がたくさんあると、
「おっ!皆、頑張ってるな~!」「いいね~!」って…ちょっと上から目線(笑)
もっと私を忙しくして欲しい!って思います。

Q.介護業界ならではだな、と思うことは?
ツクイスタッフ支店、なんでも相談してもらえるような深い関係をつくることがやりがいと語るキャリアアドバイザーの後藤さん。

人との関わりがメイン、だからこその面白みがある。

後藤
介護の仕事は人を相手にする仕事なので、
人との関わり方で悩んでいる方が多いです。
そこでお話を聞いて、その方に前向きになってもらうというのは、介護職ならでは。
大変なときもありますが、やりがいにもつながっていますね。
竹田

どこの業界も同じだとは思いますが、介護業界は本当に人手不足。
そんななかで、いかに介護業界に関心を持っていただき、
働き手を増やしていくかという部分も、私たちの仕事の大きな役割であり、
社会貢献につながるところだと思っています。

そのためにはスタッフさんへのきめ細かいフォローはもちろん、
ときにはクライアントに改善への協力をお願いすることも。

どうしたら、職員の方々が定着してくださるか、
長く働きたいと思ってもらえるか・・・
クライアントの方からそんな相談をしていただけるような、
深い関係性を築いていくことも大切な仕事だと思っています。

Q.働きやすさについてはどうでしょう?
ツクイスタッフ支店、求職者との面談にでかけるキャリアアドバイザー

自分らしく、ワークライフバランスをしっかり取れる職場。

小林
最近は、産休・育休を取得して、
復帰されている女性社員も増えてきましたよね。
杉浦
我が家は共働きなので、
僕もできるだけ育児・家事を負担するようにしています。
毎週水曜日は保育園へのお迎え当番なので、
定時ぴったりに帰らせていただいてます。
竹田

支店の男性は家事をされる人が多いですよね。

お風呂掃除とか、子供をお風呂に入れるとか。

後藤さんもご飯を作っているものね。

後藤

僕のは家事というか、趣味ですね。

子供と一緒に作ったりして、楽しんでいますから。

竹田

女性の目から見ると、男女関係なくきちんと評価をしてもらえる会社だと思う。

仕事を頑張りたい女性には良いんじゃないかな。

ね、小片さん(笑)。

小片
入ってすぐに竹田さんから「根性がすわってる」と言われたので(笑)、
このまま根性すえて頑張ります!(一同笑)