PERSON

ツクイスタッフで働くメンバー

キャリア・アドバイザー

山口 章子 AKIKO YAMAGUCHI

2008年入社

自分も子育て中だから、同じように働くママたちの気持ちが分かるのが私の強み。相手の立場が分かるとコミュニケーションもスムーズになるんですね

Q.入社のきっかけは?

以前も一般職の派遣会社に勤めていましたが、営業職ではなくサブ的な立場でした。自分自身で1から10まで責任もってやってみたいという思いがあったので、チャレンジしてみようと応募しました。介護業界は、福祉用具相談員の資格をもっていたこともあって、もともと興味があった分野でもあります。

Q.どんな仕事ですか?

登録いただいた派遣スタッフさんと、職場となる介護施設さんを取り持つのが私の役割。ツクイスタッフは職場の紹介だけでなく、着任後のサポートにも力を入れているので、派遣スタッフさんの相談にのったり、介護施設さんと連絡を取り合うことが主な仕事です。

介護の仕事って体力的にも精神的にもハードなので、続けるのがしんどくなる方も多いんです。ですので、精神面でのフォローがとても大切なんです。一人ひとり性格も置かれている状況も異なるので、どのようにアプローチするか、こちらも一辺倒な対応ではいけない。たとえば、職場に行きたくないというスタッフさんの気持ちの奥に何があるのか、よく考えながら対応するようにしています。

でも私の場合ちょっと強みかなと思うのは(笑)、スタッフさんご自身も、同じように子育て中だったりお孫さんの世話をしたりという方が多いこと。以前よりも、スタッフさんの気持ちをくみ取りやすくなりました。たとえば、子どもさんがインフルエンザでお休みされても、以前なら「いつから出勤できますか?」としか言えなかったのが、「その後大丈夫ですか?長引いてないですか?」と聞けるようになったり。小さなことですが、相手の立場が分かるとコミュニケーションもスムーズになるんですね。

Q.この仕事のおもしろさとは?

毎回おもしろいなと思うのは、さまざまな方にお会いできること。派遣スタッフさん一人ひとりの人生に関わらせていただく仕事で、介護施設もデイサービスや有料老人ホームなど種類が多いので、毎回パターンが違って新鮮です。10年近くやっていても新たな発見があって、その度に勉強することがあるので飽きることがありません。

まだ経験が浅いころは、派遣スタッフさんの相談を正面から受けとめすぎて悩んだこともありましたが、今は介護施設さん側の気持ちも理解できるので、双方にとって正しい解決策を見つけられるようになってきました。本当の問題はどこにあるかを見つめるというか、そんなバランス感覚が大切。毎日、人生勉強させてもらってますね(笑)。スタッフさんのご相談にのりながらも、自分自身も一緒に成長させてもらっているようなものです。大変だけど、いい仕事だと思いますね。

Q.子育てしながらの仕事、大変ではないですか?

時間的にはかなりハードですが、私は子育てばかりでもしんどくなるタイプ。仕事と子育てそれぞれに集中しつつ、しっかり切り替えることで、逆に息抜きさせてもらっている感じです(笑)。どんなに忙しくても18時には退社してお迎えに行かないといけないので、仕事の進め方は以前よりずっと効率よくなっていると思います。

スケジュール管理は徹底的にやっています。たとえば、外出の予定はできるだけ午前か午後にまとめるとか。出たり入ったりをくり返すと時間のロスになりますので。あとは意識の持ちようかもしれません。以前なら、営業に出かけたら事務処理は後回しにしていましたが、できるだけその日に片付けるとか。とにかく時間は限られているし、そのなかで工夫するからいろいろ知恵が出てくるのでしょうね。

それでも仕事が残ってしまったときは、周囲の方たちが助けてくださるので甘えさせてもらっています。いろいろと本当に感謝しています。

Q.子育てしながら働きたい方へメッセージを

両立するのは決してラクではないし、簡単に皆さんできますよとは言えませんが、私でもできているので(笑)。何もかも完璧にしようとすると疲れてしまうので、ときには家事の手を抜くことも大切だと思いますね。

ツクイスタッフはやさしい方が多いので、しっかりコミュニケーションをとっていけば皆さん協力してくださると思います。私としては、同じような仲間がもっと増えたら心強いなと思っています。

山口さんのある日の一日

08:00
子どもを保育園に連れて行く
08:50
出社。事務的な処理があればかたづけておく
12:00
昼休み。会社では自分一人の時間を楽しむ
13:00
スタッフさん面談や介護施設訪問など。
外出はできるだけ時間をまとめて効率よく
16:30
帰社。18時終了にむけて、
最後のラストスパート!
18:00
退社して、保育園のお迎えへ

しっかり自立するバッグは私の相棒

それでも仕事が残ってしまったときはいつも助けてくれる支店メンバー

キャリア・アドバイザー

古川 善則Yoshinori Furukawa

ツクイスタッフは個人ではなく、チームで成果を出していくから助け合う雰囲気ができてくる。そんなベースがあるから、お客様に対してもいいサービスができるのではないかと思います。

read more

キャリア・アドバイザー

中村 公彦Kimihiko Nakamura

人間同士のことにトラブルはつきもの。そんな時は三者面談をして双方納得できるよう間を取り持ちます。日頃から誠意をもって対応していれば、自然と信頼もついてくると思っています。

read more
ページ先頭へ