1. HOME
  2. STAFF社員紹介
  3. 経営戦略室/経営企画担当 課長

Staff社員紹介

Staff

経営戦略室/
経営企画担当 課長
Koichi
Kirimura
桐村 浩一2008年入社

上場が実現したことで、社の信頼度、知名度がアップ。
やるべきことに取り組む弾みがついた。

Q 入社された当時のことを教えてください

こんなに面白い仕事があるんだ!と思った

私は以前、債権管理の仕事をしていました。介護の人材派遣・人材紹介は経験のない業界でしたが、少子高齢化や雇用形態の多様化といった時代の流れがあることから、ツクイスタッフに事業としての成長性を感じて入社しました。

京都支店に入社して、キャリア・アドバイザーとして働きだした当初は、仕事が楽しくて夢中でやっていました。

キャリア・アドバイザーは、その人の人生において大きな岐路である求職活動に関わらせていただく仕事です。

求職者とクライアントのかけ橋となり、双方の最善のかたちを見出す役割があるので、難しさもありますが、その反面やりがいがあり、率直に「こんなに面白い仕事があるんだ!」と衝撃を受けました。

Q エリア統轄のお仕事についても教えてください

自分にできることは何かを考え続けた3年間

各地で支店長を経験した後、東京で3年ほど、担当する複数の支店の巡回指導等を通じて、マネジネント業務を行う「エリア統轄」として働いていました。

エリア統轄は、各支店長や支店のメンバーたちとのコミュニケーションを通じて、行き詰まっていたり悩みなどがあれば、その支店が一番輝けるにはどうすればいいかを一緒に考えていくような仕事です。

自分が受け持っている部下たち、現場で働くメンバーたちが自信を持って、楽しく仕事をしてもらいたい。課題を取り除いて、達成感や楽しさを感じてもらいたいなと思っていたので、「そのために自分ができることは何だろう」と常に考えていました。

経営戦略室/経営企画担当 課長 桐村さんの写真

Q 現在はどんなお仕事をされていますか?

上場を経て、広い視点でものごとを考えるようになった

1年ほど前、本社の経営企画担当 課長に異動になって、すぐに始まったのが上場に向けての動き。入社以後10年ほど携わってきた現場業務とは、異なる種類の仕事でしたから、本当に大変でした。

でも今回こういうプロジェクトに携わり、じかに社長の考え方にふれたことで、私自身の視野がすごく広がったと思います。

エリア統轄のときは、担当するエリアにおけるマネジメント業務のみでしたが、今は自然と介護業界全体まで考えるようになりました。すごく貴重な経験をさせていただいています。

Q 介護業界全体を考える、というのは?

人材派遣にとどまらず、あらゆるソリューションを

ツクイスタッフが目指しているのは、ただ「人材を派遣する会社」ではなく、介護事業者の方々が抱えているさまざまな課題を、解決してあげられる会社になることです。

そのためには、当社だけではなく、業界全体で考えることが欠かせない。

たとえば、もし一度でも介護の派遣でイヤな思いをしてしまったら、その人は二度と派遣会社を頼ろうとしなくなります。限られた労働人口の中で、さらに介護の働き手が減ってしまう。だからそういう失敗は、してはいけないと思います。

そうすると、当社だけがシェアを広げればいいというよりも、いろいろな派遣会社が同じマインドを共有して、この業界全体でよくなっていくことが必要なんじゃないかと。

今、当社が主力としている事業は、人材派遣や人材紹介です。でも今後は、それ以外の分野にも積極的にチャレンジしていくことが求められていると思います。

経営戦略室/経営企画担当 課長 桐村さんの写真

Q 入社を迷っている人にアドバイスがあれば

尊敬できる仲間がいるから、いつだって孤独じゃない

当社の一番の良さは、仲間に恵まれていること。ツクイスタッフなら、仲間と一緒にチームでがんばれる。孤独にならない、そこは当社の大きな強みだと思います。

もちろん、決して友だち感覚や馴れ合いというのでもなく、お互いに厳しいことも言い合っている。

それも互いに認め合い、尊敬し合う仲だからこそ、信頼関係を持ってできているんだと思います。

経験がないからと迷っているなら、心配はいらないと思います。当社で活躍しているメンバーの9割以上は未経験から始めた人たち。

周囲がしっかり支えてくれるので、人のために力になりたい、という気持ちさえあれば大丈夫です。

当社が今後、事業の拡大を続けていくためにも、多くの方に関わってもらって、全社で企業価値を高めていく必要があると思います。

先入観にとらわれず、誠実に頑張っていただければ、やりたいことを実現できる会社だと思いますので、ぜひ、夢と希望を持って入社していただければと思います。

桐村さんのある日の1日
8:50 出社、メールチェック
9:00 ミーティングの資料作成、準備など
10:00 ミーティング。
さまざまな部署と重要なコミュニケーション
12:00 昼休み
13:00 部内打ち合わせ。タスクの進捗状況を確認
14:00 外部専門家との細かいやりとり。毎日が勉強
16:00 書類仕事やたまった雑務を片付ける
18:00 退社